北海道で注文住宅を建てたい方への無料相談,ハウスビルダー紹介サービス

News

ユニークリビング利用者の声 vol.15

「理想の住まいが完成しました!」 ユニークリビング 利用者の声

ユニークリビングの個別相談を経て、理想のマイホームを建てられた方にご協力いただき、弊社サービスや完成した住まいについてのインタビューを行いました。

これから家を建てたい、サービスを利用してみたいと考えている皆さまの参考になれば幸いです。

_________________________________________________


日常の行動を一つひとつ考えて導き出した
効率的な動線や適材適所の収納で生活しやすい家に

恵庭市 Sさんご家族

 
年齢/30代
家族構成/夫婦+子ども2人
職業/会社員

Sさんへのインタビュー ユニークリビングのサービスについて はコチラ

●リビング

冬暖かく、夏涼しい家を希望したというSさん。床暖房を採用したことで室内はスッキリ。
子どもを遊ばせるのにも安心で、ほこりも溜まらないので掃除がしやすいという。
「風通しがよく、窓を開ければ夏も暑すぎるということはありませんでした。快適ですね」と語る。

●リビング横 洋室

「両親が泊まりに来たときにくつろいでもらうために」と用意したリビング横の洋室は、
夫婦の老後、1階中心の暮らしになったときのための寝室としても使えるようにと考えた。
現在はお子さんの遊び場としても活用しており、布団やおもちゃをしまえる収納もあるので、
物が散らからず、片づけもしやすいという。

●ダイニング
_n9a0322

_n9a0352
ダイニングには多目的に使えるカウンターを造作。
将来的にはPCやプリンターなどを置けるように、必要な配線等も準備している。
ダイニングテーブル横には、ホットプレート用のコンセント差し込み口を設けるなど、
生活がしやすくなる工夫が随所に見てとれる。

●キッチン

作業スペースも通路も広くとり、料理や後片付けもはかどるキッチンは、
シンクや作業台はキズや汚れが目立ちにくく、手入れのしやすいものを選んでいる。
フラットなIHクッキングヒーターは、調理後にササッと拭けばキレイを保てる点もお気に入り。
キッチンからテラスに出られるよう扉もつけている。

●洗面室・脱衣室

_n9a0389
「娘が大きくなったときのために」と洗面室と脱衣室の間に扉をつけてスペースを分離。
タオルや洗剤などが取り出しやすい収納も便利に使っているという。
回遊動線を採用し、効率よく家事ができる理想的な配置がうれしい。

●玄関
_n9a0398

_n9a0395
玄関土間はベビーカーも置けるゆとりの広さで開放感もある。
玄関から洗面室、リビングそれぞれと繋がっており、
ご主人は帰宅後すぐに仕事着をポールに掛け、洗面室で手洗いができるようにと考えた。
使いやすく、かつ玄関側から洗面室は見えにくいという見事な間取りだ。

●2階 子ども部屋
2階の子ども部屋は2部屋分を確保。
子どもたちが小さいうちは一緒に遊んだりできるように広々と、
成長と共に個室にできるよう、天井やドア、電灯のスイッチの位置などが考えられている。

●パントリー
_n9a0405  _n9a0439
室内からも室外からも出入りできるパントリーを兼ねた収納。
床暖房を敷いていないので、涼しい季節なら食料品等も保管しておくことができる。

●間取図

 

■Sさんへのインタビュー ユニークリビングのサービスについて

家づくりを検討し、モデルハウスを見学。でも、わからないことばかりで選べない…。
今まで住んでいた賃貸の家が手狭になったことと、子どもが成長し声や足音などに気を遣って元気に遊ばせられないことが気になっていました。
また勤務地が遠かったので、もっと通勤に便利な場所に引っ越したいと考え、家づくりを検討し始めました。
各建築会社のモデルハウスを見学したのですが、結局、どの会社で建てたらいいのかもわからないし、そもそも家の価格の相場も知らないということを実感しました。

友人宅で行われた交流会に夫婦で参加。夫婦だけの家づくりに限界を感じ、個別相談へ
そんな時、妻の友人宅に同じく家づくりに興味のある人が集まり、ユニークリビングさんの注文住宅アドバイザーさんを招いて交流会を行うということで、私たちも夫婦で参加することにしたんです。
アドバイザーさんの話はとてもためになるものでした。今まで知らなかった家づくりのコツや、予算の考え方などを知ることができましたし、夫婦だけで建築会社を選んだり、家づくりを進めていくことに限界を感じていたので、個別相談をお願いすることにしたんです。

ローンの種類や選び方を学び、ライフプランを立ててからゆとりある予算を算出
予算については、「いま借りられる金額」から計算するのではなく、子どもの学費や自分たちの老後のことも考えたライフプランを立てて、「きちんと払っていける金額」を相談しながら算出しました。もし子どもが増えたとしても、夫婦で稼げば充分支払える額にしたので安心です。
ローンの種類や選び方などを教えてもらったことで、自分たちにぴったり合ったローンを選ぶことができたと思います。融資の実行タイミングもアドバイスをしてもらい、いい時期に実行できたと感じています。

要望に合う建築会社を紹介。理想的な間取りや標準仕様の設備にも満足
家事のしやすさや、夫が帰宅したときの動線などを考えながらアドバイザーさんと一緒に要望をまとめていきました。事前に要望を整理してから建築会社さんを紹介していただいたので、提出された間取りも要望が反映されていて、修正をお願いすることもほぼありませんでした。
収納も充実しているし、家事動線も考えられていて住みやすそうな印象でしたね。
キッチンなどの水回り設備も、標準仕様内なのに「こんなにいい設備が選べるの?」と思うほどで、そういった点も満足しています。

素敵な家が完成。家づくりを考えるすべての人にこのサービスをおすすめしたい
注文住宅アドバイザーという仕事があることも知らなかったし、最初はお任せすることに少し不安を感じていました。
でも実際にお願いしてみると、家のことは何でも相談できるし、家を建てるまでにしないといけない書類作成や届出などのスケジュールも管理してくれて、土地売買の際の値交渉までも私たちの代わりに行ってくれたので、初めての割にはとても楽に、スムーズに家を建てることができたんじゃないかと思います。
素敵な家を建てることができましたし、これから家を建てる人みんなにこのサービスを活用してもらいたいですね。

■ユニークリビング担当者から
マイホームの要望について「家でリラックスする時間」をメインで考える方が多いのですが、実際には「家で働く時間」がかなりの割合を占めます。
働くといっても家事だけではありません。例えば朝の身支度。「家のどこに何があるのか」によって準備にかかる時間を短縮することができます。一つひとつは小さなことですが、このような小さな積み重ねが大きな時間となり、暮らしにゆとりを生むでしょう。
Sさんは毎日の家族の行動を具体的にまとめながら「小さな要望」を積み重ね、「大きく満足」できる家を実現されました。どうぞ、これからも幸せな日々をお送りください。