北海道で注文住宅を建てたい方への無料相談,ハウスビルダー紹介サービス

News

ユニークリビング利用者の声 vol.12

「理想の住まいが完成しました!」 ユニークリビング 利用者の声

ユニークリビングの個別相談を経て、理想のマイホームを建てられた方にご協力いただき、弊社サービスや完成した住まいについてのインタビューを行いました。

これから家を建てたい、サービスを利用してみたいと考えている皆さまの参考になれば幸いです。

__________________________________________________

「新居でかなえたい暮らしは?」
家づくりをきっかけに、より深くお互いを理解

札幌市 Kさんご家族

 
年齢/夫30代、妻30代
家族構成/夫婦+子ども2人
職業/理学療法士

Kさんへのインタビュー ユニークリビングのサービスについて はコチラ

●リビング・ダイニング


陽当たりがよく、床暖房で足元からポカポカと暖かいリビング・ダイニング。
PC作業などができるカウンターや、リビングで使う小物などをしまう棚を造作してもらった。
「子どもが預かってきたお便りなどを保管しておく場所として重宝しています」とKさん。


ダイニングキッチン、リビングの両方から見える場所に洋室を配置した。
両親や友達が遊びに来た際には、この部屋に泊まってもらうこともできるようにと考えており、
子どもたちが遊んでいたり、お昼寝をする場所としても最適。
引き戸をすべて開けると空間がつながり開放感を生む。

●洗面・脱衣室
「家族で洗面台を使う時間が重なるので、
2人で並んで使えるように洗面台は幅広くしてもらいました」とのこと。
収納付きなので物がしまえてスッキリ。邪魔なものがないので拭き掃除もしやすい。
洗面室と脱衣室の間にはドアを設け、家族がお風呂に入っていても
気兼ねなく洗面台を使えるようにしている。

●キッチン


外から手元が見えないようにカウンターを立ち上げたキッチン。
食事の支度をしながら、ダイニングカウンターで勉強する子どもの様子をみたり、
会話を楽しむことができる。
キッチンの奥には物入れ。実家から送られてきた食料品などはここで保存をしている。

●寝室・ウォークインクロゼット


寝室には洋服を「かけて収納」できる大型のウォークインクロゼット。
たくさんの服を収納しても、まだまだゆとりがあるという。
隣には同じサイズの納戸と、それぞれの洋室にもクロゼットがあるので、
収納力抜群の住まいになった。

●玄関

玄関はシューズクロゼットまですべて床暖房入りで、濡れても乾きが早い。
コートもかけられて、ベビーカーなど大きなものもサッと収納できて便利。
普段は鏡つきの折戸で目隠ししておくことができる。

●間取図

■Kさんへのインタビュー ユニークリビングのサービスについて

「家を建てたい」と思っても何をしたらいいのかわからず、話も立ち消えに…。
将来は持ち家の戸建て住宅で暮らしたいな、と思っていました。
やっぱり賃貸よりマイホームのほうがのびのびできるというか、ほっと気が抜けて、
安らげるような気がするんですよね。
子どもが小さいうちに戸建てに住んだ方がいろいろとメリットも多いだろうし
建てるなら早いうちがいいかな、と考えました。

でも、家を建てようと思っても何から始めたらいいのかわからないし、
とくに行動を起こさないうちに「家を建てる」という話も立ち消えになりそうになり…。
そんな時、妻が友人に誘われて家づくりイベントに参加したのが、
ユニークリビングさんとの出会いでした。

ヒアリングをされてはじめてわかった「夫が新居でかなえたい夢」
イベントで家づくりの基本的な知識を教えてもらいましたが、
そこから自分で家づくりについてさらに調べようと思っても、あまり時間のゆとりもないし、
ユニークリビングさんに個別相談をして家づくりをサポートしてもらおうと思いました。

まずは「暮らしに対してどのような要望があるのかを書き出してください」と言われ、
そのときに初めて、夫婦ふたりで家の要望について考え始めました。
夫が「自分の部屋がほしい」と言ったとき、私(妻)は「一人になれる時間がほしいのかな?」と思い、書斎スペースみたいに区切られた空間があればいいのかも、と想像していました。
でも、アドバイザーさんがさらに「どうして部屋が必要なのか、その部屋では何がしたいのか」というところまで深堀りして聞いてくれた際、夫がほしかったのは「一人になれる時間」ではなく、「一人暮らしのワンルームみたいに、自分の好みのインテリアで飾れるような空間」だったことがわかったんです。私も「そうだったのね!」と。今まで一緒に暮らしていた夫婦でも、相手がしたいことをちゃんと理解できていなかったんですね。
夫婦の間に入って要望のまとめをサポートしてもらって本当によかったと思った瞬間でした。

建築会社からの提案は予算も間取りも要望どおり! 理想の土地も見つかった
要望や予算がまとまり、理想的な建築会社さんを紹介してもらいました。
その建築会社さんのプランは要望が反映された理想的なもので、
もちろん、予算内にも収まっていたので、そのままの間取りで契約を決めました。
担当の方も細かい部分も丁寧に説明してくれるし、わからないことは何でも聞ける。親身になってくれるいい会社だなという印象です。

土地に関してもユニークリビングさんに探してもらいました。
よさそうな土地が見つかれば、アドバイザーさんがその一帯のことについて町内会長さんに聞きに行ってくれて、積雪や除雪の状況などを隣家にも尋ねてくれましたし、交通の便のことや、児童会館や学童保育のことなど、熱心に調べてくれました。
この土地は、小学校から徒歩10分、バスは1時間に2~3本。
スーパーやコンビニもほど近い、いい立地でした。

「家を建てる意味ってなんだろう?」を気づかせてくれた
ユニークリビングさんのサービスを利用すると、自分たちの考えを整理することができるので、納得して家を建てることができますね。
何のために家を建てるのか、部屋をつくる意味、その広さが必要な理由なんて普通は深く考えないものです。おそらく自分たちだけで間取りなどを考えていたら、そのことにも気づかず、余計な部屋やスペースに予算を割いていたかもしれません。アドバイザーさんも建築会社さんも、自分たちの味方なんだな、と感じた家づくりでしたね。

完成した家にいると、家族のための家ができたな、と実感します。安心感が違いますね。
このあたりは緑も多く、地域の人は「子どもたちを守ろう」という雰囲気があり、治安もいい。
夫も休みの日には子どもと遊んだり、一緒に公園に行くことも増えました。
子どもたちの成長に伴い、部屋ごとの目的も変化していくように考えられているので、
これからの生活が楽しみです。

■ユニークリビング担当者から

満足する家づくりに欠かせないものがあります。それは、家づくりについて「深く考えること」です。すべての要望がかなったから満足できるのではなく、なぜその要望をかなえたいのかを考えることが満足に繋がっていきます。そして、Kさんご夫婦も一生懸命考え抜いた結果、満足できる住まいを手にされました。どうぞ、幸せな毎日をお送りください。