北海道で注文住宅を建てたい方への無料相談,ハウスビルダー紹介サービス

News

ユニークリビング利用者の声 vol.7

「理想の住まいが完成しました!」 ユニークリビング 利用者の声

ユニークリビングの個別相談を経て、理想のマイホームを建てられた方にご協力いただき、弊社サービスや完成した住まいについてのインタビューを行いました。

これから家を建てたい、サービスを利用してみたいと考えている皆さまの参考になれば幸いです。

__________________________________________________

親世帯と子世帯、それぞれの要望をかなえた
暖かく、広々とした快適な二世帯住宅

札幌市 Fさんご家族

_UM_0540 _UM_0561
年齢/30代
家族構成/夫婦+子ども2人
職業/会社員

Fさんへのインタビュー ユニークリビングのサービスについて はコチラ

●リビング・ダイニング

_UM_0454
キッチンからリビング・ダイニングが見渡せる設計。室内は白を基調としたさわやかな印象だ。
「私はグリーンやブルーが好きで、夫は深みのある木の色が好み。この2つの色を中心に
室内のイメージを考えました」と奥さま。
リビング横にある和室スペースは、ちょっとひと休みしたいときのゴロ寝スペースとして、
また来客時には客間としても使えるという。

 

●ユーティリティー
ユーティリティーには、上に明り取りの隙間を作ってもらったという。
この隙間があるおかげで、日中はユーティリティーの明かりをつけなくても、問題なく洗濯などができる。
洗面台の横にはアイロンをかけたり、一時的に物を置くためのカウンターがあり便利だ。

 

●寝室

濃い色のクロスを使い、落ち着いた雰囲気の寝室。奥には大容量のクロゼットがある。
窓が中央ではなく右寄りにあるのは、建築会社からの提案。寝室のドアを開け放つと、
寝室の窓とリビングの窓が一直線でつながるので気持ちよく風が抜けるという。
「窓からは隣家のくるみの木が見えるんです。その眺めも気に入っています」。

 

●子ども部屋
2つある子ども部屋はどちらも同じ広さに。
今はおもちゃを置いて、子どもがのびのびと、自由に遊べる部屋になっている。

 

●趣味部屋

_UM_0535
1階にあるご主人の趣味部屋。今までは家の様々な場所に飾られていた趣味のグッズを
この趣味部屋に集約した。
「以前はフィギュアなどがむき出しで棚に飾られている状態だったので、
埃もつくし、夫が大切にしているものなので、掃除をする際に『壊したらどうしよう…』と心配でした。
今は専用のケースに入っているので埃も溜まらないし、
バラバラとしていたものが一か所に集められてよかったです」。

 

●玄関
_UM_0505
家族用と来客用に分かれた玄関。ここからインナーガレージにも行ける。
「子どもがまだ小さいので、玄関をいつもきれいに、といっても難しいですし、
ベビーカーなどを置くにも、家族用の玄関があると便利ですね」。

 

●テラス(親世帯)
_UM_0548
テラスには愛犬用の足洗い場を設けているので、
散歩帰りにはここで足を洗ってあげて、一緒に室内に入れる。

 

●間取図

家事のしやすさや、生活導線がよく考えられた間取り。
1階親世帯のトイレは、LDK側からも、寝室側からも行くことができる使いやすい、こだわりの配置だ。

■Fさんへのインタビュー ユニークリビングのサービスについて

築28年の店舗兼住宅。結露やカビがひどくて…。

1階が店舗、2階が居住スペースになっている築28年の実家で二世帯同居していたのですが、
1階と2階の温度差から結露やカビがひどかったんです。
リノベーションして、断熱性能を高めることも考えましたが、躯体が古かったため建て替えた方がいいのではと思い、新築の家を建てる方向でいこう、ということになりました。

ユニークリビングの個別相談に申し込み。二世帯の要望の取りまとめもスムーズに。

最初は、ユニークリビングの家づくりセミナーへ参加しようと思っていたんですが、体調を崩して行けなくなってしまって…。でも、アドバイザーの方と電話で話したときに、感じもよく誠実な印象を受けましたし、会社のHPやチラシの内容を読んで、「セミナーに行くよりも直接、個別相談をしてもらった方が早いかな」と思い、申し込みをしました。
自宅に来てもらって、家づくりに関するいろいろな知識を教えてもらったあと、「まずは、新居に関するご家族の要望を書き出してください」と言われました。さっそく夫と妻それぞれの要望と、母の要望を書き出したものをアドバイザーの方に提出して、まとめてもらいました。
大人が3人いると、要望を整理するのも大変だし、意見がぶつかることもあると思ったので、第三者の方に入ってもらうことで、話がまとまりやすいと感じましたね。

FPに相談しながら予算出し。前提は、夫婦ふたりでローンを完済すること。

予算の算出については、ユニークリビングさんと提携しているFP(ファイナンシャルプランナー)の方を紹介していただきました。親には今まで実家に住まわせてもらった恩がありますから、新居の費用は援助をしてもらわずに夫婦で支払おう、というのが私たちの意志。そのことをFPさんに伝え、現在の夫婦の収入・支出の状況から無理なく支払える額を算出してもらいました。
お金のプロの方に相談し、将来のライフプランを考えながら予算を算出するので安心です。

要望と予算に合う会社を紹介してもらい、建築を依頼。

私たちの要望と予算に合う建築会社を2社、ユニークリビングさんから紹介してもらいました。2社からのプランを見比べて、より私たちの要望をプランに上手に反映してくれた会社が気に入って建築をお願いすることにしました。建築会社の社長さんは、家づくりや工法に対する私たちの疑問にも丁寧に答えてくれて、相性がよさそうだなと感じたんです。実際に図面を見てみると、追加の要望も出てきたりして、何度か修正をお願いしましたが、全て快く受けてくださいました。実際に建てていく段階で「収納や配線を変更したいな。もうこの段階じゃ無理かな」と思って相談してみたら、施工中でも変更に対応してくれて感激しましたね。

第三者目線のアドバイスが役立ち、住み心地のよい新居がかなった

ユニークリビングのサービスのいいところは、第三者として家族の意見を取りまとめてくれるところと、公平な目で建築会社の情報を教えてくれるところではないでしょうか。私たちでは調べるのが難しい、建築会社の特徴をそれぞれ教えてくれるので、建築会社選びの参考になります。
新居は収納も充実していて動きやすいですね。私たちの予算でこの大きさの家が建てられたのは、ユニークリビングさんがこちらの会社との出会いをサポートしてくれたからでしょう。
さらに家の性能もよくて暖かいので満足しています。以前の家は冬寒くて夏はすごく暑い家だったので(笑)、新居に住んでからは冬が来るのが楽しみなくらいです。

■ユニークリビング担当者から

注文住宅を建てるにあたり、叶えたい事はたくさんありますよね。
ご主人のお母さんとの二世帯住宅を実現されたFさん。住む家族の人数が増えると、要望も増え、意見もたくさん出てきますから、それぞれの世帯で叶えたいことの優先順位をしっかり付けることが大事です。今までの家の住みにくさを解消することに加え、さらに叶えたい事を実現できるのが注文住宅のいいところ。これからますます、毎日の生活を楽しんでいただければと思います!